わかばテラス

1. 園芸療法から里山療法へ

2008年8月、印象深い出来事がありました。病院の屋上緑化にあたり、せっかくだからと、併設のデイケアに来られる方々と野菜を植えることにしました。その収穫の日、普段は緩慢な動作の 方々が、しゃがんで枝の下の作物を取ろうとして腕を伸ばすときの動きの素早さ、作物を手にしたときの目のキラキラ感と笑顔。野菜や果実を育て、収穫すると人は元気になるという強い手応えを園芸療法に感じました。その効果は、数量認知能力の改善に効果をもたらし、認知症の進行予防、そして改善にも効果があることをしめしました。
そして、すでに効果が知られている森林療法(森林散策)と園芸療法を組み合わせてさらなる相乗効果を期待して認知症予防法を考案し、『里山療法』へとつながりました。

2. 里山療法にかかせない魔法のガーデン

~オルソープガーデン~ 里山療法を実践するには、里山が再現されている、癒しの力を持った魔法のガーデンが必要でした。

~1つめの魔法~

ガーデニングの本番、イギリスのロンドンにあるロイヤルホスピタルで暮らすご高齢の方々の生き生きとした姿にヒントを得て、ポタジェと名付けた菜園をガーデンの一角に設けました。
そして、その菜園は、里山療法を受ける方々の手によって毎日進化を続けます。

~2つめの魔法~

地元長崎出身の世界的ガーデナーである石原和幸氏にプロデュースを依頼、広い敷地に丘陵の傾斜を利用して小川を造り、奥行きがあって誰もが懐かしい気持ちなる、里山を再現しました。その里山には、たくさんの生き物が遊びにやってきます。

~3つめの魔法~

プロデュースを依頼した石原氏の紹介で、ダイアナ妃が眠る故郷、オルソープにあるスペンサー伯爵家のガーデンを見せていただくことができました。そこには、ダイアナ妃の結婚式のブーケにも使われた、美しく可憐なスイートピーがありました。このスペンサー家由来のスイートピーの種を頂き、このガーデンに、オルソープガーデンの名前を頂いたのです。

3. 進化を続ける魔法のガーデン

里山療法ギャラリー1

里山療法ギャラリー1

(画像をクリックして拡大できます)

オルソープガーデンで実践しています『里山療法』により、認知症の人の認知機能が改善することもデータをとり分かりました。認知症の人が笑顔になると、ご家族も笑顔になります。そして、私たちも癒されるのです。これからは、認知症を悲惨に思ったり、目を背けるのではなく、明るく捉える社会にしていくことが必要だと感じます。 まずは、魔法のガーデンを体感しに来てください。